旦那さんに仕事を理解してもらう

夫婦共働きの家庭を見てみると、多くの夫婦で女性が家事のほとんどを担当する傾向が見られるようです。一般的な家庭であれば、それでも何とか機能するかもしれませんが、看護師の場合家事のほとんどを引き受けているとパンクしかねません。看護師は不規則な仕事で、仕事量も多いです。そこでもし共働きを検討しているのであれば、旦那さんときちんと家事分担をすることが大事です。

この時、抽象的に伝えると旦那さんがなかなかやってくれないケースがあります。結局自分がやる羽目にもなりかねないので、具体的に「あれとこれをやって」という感じで指示を出すようにしてください。

たとえば「掃除はあなたがやって」では少し抽象的すぎます。そこで「玄関の靴の整理をやってとか「リビングを掃除しておいて」といった感じで具体的にお願いするのです。そうするとやるべき範囲が限定されるので、「やるか」という気持ちになります。このように旦那さんが家事をやろうと思わせるように工夫することも大事です。

コメントを残す